• ホーム
  • 早漏の原因である精神問題を解消して15分持たせよう

早漏の原因である精神問題を解消して15分持たせよう

多様な薬

早漏の原因はペニスよりも、精神的な問題にあることが多いです。
SEXをするときに快感を感じるとき、ペニスが気持ちいいのではありません。
脳が快感を感じ取っているため、不安や悩みなどの精神面が早漏に大きく影響するのです。
不安や悩みがあると遅漏になる方が多いですが、逆に早漏になってしまう方もいます。
男性は一度SEXで失敗すると、その後も失敗しやすくなる傾向があります。
失敗を避けるためには、SEXをしないのが一番だと思ってしまうのでしょう。
男性が射精するまでの時間は平均して7分と言われています。
7分持続すれば早漏ではありませんが、女性を満足させるためにはもう少し持続させたいところです。
15分持続すれば女性を満足させられると言われています。
女性が絶頂を迎えるには、10分~15分程度必要になるからです。
男性は射精すれば満足しますが、女性はそうではありません。
一人取り残されたような気分になってしまうでしょう。
自慰ならば1分で射精しても問題ありませんが、SEXは相手がいることなので早く射精しすぎるのは困ります。
15分を目標にして対策するとよいでしょう。
持続時間が長くなれば、女性のオーガズムに合わせることもできます。
精神状態が不安定なときは、早漏が起こりやすいので注意が必要です。
今は外用薬や経口薬も販売されており、簡単に治療することができます。
心因性の早漏ならば、精神状態が安定すれば改善するのが普通です。
EDから発症する早漏なら、EDを治していくのが先決となります。
包茎も早漏の要因となるので、真性包茎は治したほうがよいでしょう。
仮性包茎は普段からむく習慣をつけておけば、自然と治ることが多いです。
自分でむけない状態なら治療をおすすめします。